文字:







  行間:
  表示色:

 

店舗情報

〒029-2205
岩手県陸前高田市
高田町字西和野78-1
info☆takatakappan.jp
☆を@に変えて下さい。

電話 0192-55-2694
FAX  0192-54-5173
Open 8:30 - 18:00
Close 土日・祝日
 

交通アクセス

■バス(岩手県交通)
和野会館前から徒歩5分
小黒山経由生出線
細浦経由高田線
陸前高田住田線

■鉄道(JR東日本)
陸前高田駅から徒歩20分
大船渡線BRT

■最寄の施設店舗様
 (敬称略)
・村多米穀店
・氷上神社
・柳下理容所
・小泉屋(和菓子)
・ロータス高田自工
・コインランドリー
 ペリ乾ランド
・辻ヶ花興産
・旭電気工業
・高田大隅
 つどいの丘商店街
ローソン高田大隅店
 
宮崎の音楽家 きりん様


陸前高田竹駒町在住の
写真家・デザイナー佐藤様


陸前高田市横田町在住
のイラストレーター カズト様
空とカズトの物語

弊社社員が被災地て感
じたことを綴っています
NHK東日本プロジェクト
現地発 明日へブログ



文芸・文学同人誌
Web頌
 

澤さんがつづる「陸前高田の歴史」


2016/03/03

雛祭りと高田人形

Tweet ThisSend to Facebook | by 澤正宗
『まちかどギャラリーおおまち』ニュース(大町商店街・2011年2月25日号)
hina_chirashi_omote.pdf
hina_chirashi_ura.pdf

チラシにも記載されていますが、
旧家など、桃の節句には高田人形のお雛様を飾るところもありました。
子供の健やかな成長を願って高田人形を買い求める風習がかつてあり、
2月には市場で売られていたこともあったそうです。

高田人形は幕末のあたりから作られ始め、農家や左官業の方々が
農閑期などを利用して製作していました。
土を型に入れて作ったものであるため、衝撃などに弱く、昭和の中ごろには
焼き物製の人形にとってかわられ、廃れていくことに。

陸前高田市立博物館でもいくつかの高田人形を収蔵しておりましたが、
震災の折に水没してしまい、前述のとおり土製であるために、
多くの物が崩れてしまいました。
また、残ったものも、保護として巻いていた和紙が貼り付いてしまい
塗られていた塗料が剥がれ落ちてしまうことに。
(これらの人形のいくつかは、文化財復旧プロジェクトにて修復に成功したとのことです)

高田人形以外にも、多くの人形が街中のガラス越しに華やかに飾られる日が
一日でも早く来ますよう、祈念するところです。
00:00