文字:







  行間:
  表示色:

 

店舗情報

〒029-2205
岩手県陸前高田市
高田町字西和野78-1
info☆takatakappan.jp
☆を@に変えて下さい。

電話 0192-55-2694
FAX  0192-54-5173
Open 8:30 - 18:00
Close 土日・祝日
 

交通アクセス

■バス(岩手県交通)
和野会館前から徒歩5分
小黒山経由生出線
細浦経由高田線
陸前高田住田線

■鉄道(JR東日本)
陸前高田駅から徒歩20分
大船渡線BRT

■最寄の施設店舗様
 (敬称略)
・村多米穀店
・氷上神社
・柳下理容所
・小泉屋(和菓子)
・ロータス高田自工
・コインランドリー
 ペリ乾ランド
・辻ヶ花興産
・旭電気工業
・高田大隅
 つどいの丘商店街
ローソン高田大隅店
 
宮崎の音楽家 きりん様


陸前高田竹駒町在住の
写真家・デザイナー佐藤様


陸前高田市横田町在住
のイラストレーター カズト様
空とカズトの物語

弊社社員が被災地て感
じたことを綴っています
NHK東日本プロジェクト
現地発 明日へブログ



文芸・文学同人誌
Web頌
 

澤さんがつづる「陸前高田の歴史」


2015/03/05

「すすすんだ」って?

Tweet ThisSend to Facebook | by 澤正宗
先日、TL上で見かけた『青あざ(青たん)』のお話。
「くろぢよった」「すすすんだ」など、私個人としては初めて聞く言葉ばかり。
(後日、実家に聞いてみたら「ああ、最近は使わないけど、昔は言ってたなぁ」と。へぇ!)

やっぱり気になるので、ネットで検索してみることに。
 ・日本全国【青あざ】の言い方。「血が死んだ」にびっくり! - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134655242731803201

ほうほう、「くろぢよった」はぶつけたところが青紫色(黒ずむ)になるので
『黒血寄った』ってことか。ふぅむ・・・。

もう一つの「すすすんだ」は検索の結果からすると「すす死んだ」なのだね。
で、「すす」とはなんぞや?、と。
”煤”?、それとも繰り返し言葉で”死す死んだ”???
(”寿司”ではないことは確かだけど(笑))

はい、そこで辞典の出番っと!
”すす”、”すし”、”しす”、”しし”・・・、ん?

「肉」http://ja.wiktionary.org/wiki/%E8%82%89

発音

おや!? 普段使われる「にく」は音読みで、
訓読みは「しし」なんですね。
なるほど!
  1. 動物皮膚に覆われた包む柔らかい組織
ぶつけて黒ずむから、「肉が死んだ」→「しししんだ」という意味だったのだね!!
方言っていうと、かつては”時代遅れ”とか”都会と違う言葉”っていう見られ方してたけど、
比較的、旧来の日本語を残してたんだねぇ・・・。
なかなか興味深いことです。

そういうことで、次は「気仙語の語源」を考えてみたいと思います。

ついでに、
wiki「イノシシ」から抜粋
《イノシシは「イ(猪)のシシ(肉)」が語源であり、シシは大和言葉で「」を意味する》
12:00