文字:







  行間:
  表示色:

 

店舗情報

〒029-2205
岩手県陸前高田市
高田町字西和野78-1
info☆takatakappan.jp
☆を@に変えて下さい。

電話 0192-55-2694
FAX  0192-54-5173
Open 8:30 - 18:00
Close 土日・祝日
 

交通アクセス

■路線バス(岩手県交通)
和野会館前から徒歩5分
小黒山経由生出線
細浦経由高田線
陸前高田住田線

■鉄道(JR東日本)
大船渡線BRT

■最寄の施設店舗様
 (敬称略)
・村多米穀店
・氷上神社
・柳下理容所
・ロータス高田自工
・コインランドリー
 ペリ乾ランド
・辻ヶ花興産
・高田大隅
 つどいの丘商店街
ローソン高田大隅店
 
宮崎の音楽家
きりん様


陸前高田竹駒町在住の
写真家・デザイナー
佐藤様


陸前高田市横田町在住
のイラストレーター
カズト様
空とカズトの物語



文芸・文学同人誌
Web頌
 

澤さんがつづる「陸前高田の歴史」


2015/01/28

里帰り(回想)

Tweet ThisSend to Facebook | by 澤正宗
よく、「田舎のコミュニティーは排他的だ」なんて話が。
まあ、そんなところもあるけど、受け入れられたら案外それからは面白いことに。

或る日の出来事。
近所のおじさんが手土産持参で訪問。

「あ、どうも」と私。
その後、二言三言言葉を交わす。
そこで、おじさん、開口一番
「はー、田舎くせぇな、おい!。あははは」と。

近くに居合わせた家族は、そりゃあ、驚くわ慌てるわ。

(昔、小さい頃に遊びに行ってたから知らない人じゃないからだけど)
『すっかりここいらの雰囲気に溶け込んで、都会から来た人とは思えないな。偉いことだ!』
って言いたいんだろうな、と察したから、「ああ、どうも(笑)」と。
(実際、おじさん、次の言葉で上記のとおりのこと言ってたから)

田舎の人は短い言葉に凝縮させすぎて、ニュアンスで察しないといけないスキルを要求しがち。
そういうのに慣れてくると、会話も結構楽しくなってくるんだけどね。

まあ、「おぢゃっこかだり(茶飲み話)」も、短いフレーズにもかかわらず、
日々の会話から陰口まで丁々発止だったり(笑)
これがSNSとかの文字だけの発信になると、誤解を招きかねないやりとりになるから
厄介といえば厄介なんだよね・・・。
(それを理解しないでいる人も結構いるようではあるけれど・・・)
18:00